« 赤福問題 | トップページ | 日本はアレルギー大国 »

皇帝塩

今日の夕食は、先週社長に『皇帝塩』を頂いたので、その塩を使って手羽先を焼いてみました。このお塩は、職場で売っているお塩で500g¥950

いつもは食パンを頂くのですが、「たまには美味しい塩もいいだろ?」と従業員全員に社長が少しずつ配ってくれました。

この『皇帝塩』は、こだわりの素材として、無添加のパン屋さんやレストランで使われているそうです。70種類のミネラルを含む天然深海塩で次のような特徴があるそうです。

  1. 食べて美味しい。味がまろやか。
  2. 海水を天日干ししただけなので海水中のミネラルがそのままの形で残っている。つまり、人体の体液に非常に近い。精製したり、人工的な熱を加えると体液から離れてしまう。
  3. 人体の血液のpHは7.4であるが、皇帝塩も7.4と同じである。釜で煮ると8.0~9.5と強アルカリ性になる。
  4. 皇帝塩を食べていると体液が浄化されてきれいになる。
  5. 加熱していないので、海水中の酵素が残っており、微生物を活性化し食品の発酵(味噌・醤油等)を促進する。 

舐めてみると、一般の塩に比べて水分が多く、塩なのに甘みがあります。触った感じは、しっとりとしていて粒が大きく粗いです。

私は、初めてこの塩を知った時、なんて美味しい塩なんだと思いました。

お漬け物やパン、毎日のお料理に何でも使えます。この塩を買ったお客さんは、必ずまた買いに来ます。

今日は、手羽先に使いましたが、サンマなどの焼き魚もとっても美味しいです♪

実際、いつものサンマの塩焼きと皇帝塩でのサンマの塩焼きでは彼のコメントが違いました。どの塩を使ったとは言ってなかったんだけど、皇帝塩で焼いた時の方が美味しい表現がとっても大きかったです。

それでは、今日のお弁当と夕食です。

*お弁当*

 ☆ご飯 170g(ふりかけ→旅行の友)

 ☆キャベツとちくわのオイスターソース炒め(2人分)

  • キャベツの葉 大2枚→ざく切り
  • 玉ねぎ 80g→薄切り
  • 人参 20g→短冊切り
  • ちくわ 1本→縦半分に切って斜め切り
  • オイスターソース 大さじ1/2
  • 減塩醤油 大さじ1/2
  • 健康サララ 少々

 ☆菊菜の茎のゴマ汚し(2人分)

  • 菊菜の茎 130g
  • 菊菜の葉 少々
  • 黒すりゴマ 小さじ2
  • 減塩醤油 小さじ2
  • L-スイート 1/2本

 ☆ネギ入り卵焼き(2人分)

  • 玉子 2個
  • だし汁 大さじ2
  • 酒 小さじ1/2
  • うすくち醤油 小さじ1/3
  • 健康サララ 少々

 ☆その他

  • 焼きカレーチキン 1個
  • みかん 1個→今年実家で穫れたみかんは、とっても甘いです!柿もみかんも美味しいのですぐになくなりそうですo(*^▽^*)oエヘヘ!

*夕食*

 ☆手羽先塩焼き(2人分)

  • 手羽先 4本
  • 皇帝塩 適量
  • レタス 100g→食べやすい大きさにちぎる
  • サツマイモ 輪切り6個100g→レンジで少し加熱して、手羽先と一緒に焼きます。加熱する時は、皮付きのまま丸ごと加熱し、後で切り分けるとビタミンCの消失を少なくできます。

 ☆ブロッコリーの粒マスタード和え(2人分)

  • ブロッコリー 150g→小房に分けて茹でる
  • 玉ねぎ 大1/2個160g→薄切り
  • 人参 20g→短冊切り
  • 粒マスタード 大さじ1
  • キューピーハーフ 大さじ1

 ☆ほうれん草の生姜醤油和え(2人分)

  • ほうれん草 5株→茹でて食べやすい大きさに切る
  • しめじ 40g→茹でる
  • 生姜 1かけ→すり下ろす
  • 減塩醤油 大さじ1

※ほうれん草には、ビタミンC、E、β-カロテンの他に最近注目されている、体内でビタミンAに変換されないカロテンの一種ルテインも多く含まれている。ルテインは、抗酸化作用があり、コレステロールや血管の酸化を防ぐほか、紫外線から目を守り、視力の衰えを予防する作用もある。きのこや生姜と組み合わせる事で、血中のコレステロールを減少させ、血行もよくする。

ブロッコリーにもビタミンC、Eが豊富に含まれ、ルテインも含まれている。

付け合わせに使ったサツマイモにも食物繊維と抗酸化ビタミンが多いので、今日のメニューは抗酸化作用強化メニューだな(*'-'*)

|

« 赤福問題 | トップページ | 日本はアレルギー大国 »

cooking」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝塩:

« 赤福問題 | トップページ | 日本はアレルギー大国 »